UA-44044543-1
So-net無料ブログ作成

ニベアクリームで全身ケア [スキンケア]

青い缶でおなじみのニベアですが、何十年かぶり?に購入しました。

一時、ニベアクリームに含まれている成分が、高級化粧品にも使われている、と話題になって、ニベアを買う人が多かったと思うのです。

その一人の友人が、顔につけていたら、ぶつぶつが出来たというので、やっぱりニベアを顔に使うのはやめた方がよいか、と思っていました。

そして、つい最近、オリブ油を買おうと思って入ったドラッグストアで、ニベアが目について、噂になっていたし、買ってみようかな、と思いました。

169g入りの比較的大きな缶です。

顔につける前に、全身につけてみようかと思って手に取ってみると、クリームなので、やはり硬く感じました。
そんな時は、オリブ油で伸ばして、使うのが私流。
この方法が、正しいかどうかはわかりません。

でも、良く伸びるし、オリブ油の量を調整することで、好みの柔らかさになるので気に入っています。
ドラッグストアで手に入る、日本薬局方のオリブ油は高くないのでよいです。

手がべたべたになるのがちょっと嫌ですが、寝る前なら、そのまま寝てしまえばよいので、あえて洗ったりはしません。

ニベアクリームの成分を見ると、スクワランやホホバオイルが入っています。ワセリンも入っています。
どの程度入っているかはわかりませんが、とにかく一つで全身に使えるので、もうニベアクリームだけでよいな、と思い始めました。

顔にも使ってみたのですが、さすがに顔につける時は、そのままつけました。
しっとりしますが、まだ1日しかつけていないので、トラブルはわかりません。

肌荒れがなければ、今使っている基礎化粧品がなくなったら、ニベアでもよいかと思ったりしています。

そして、今やってみたのが、花粉症で頻繁に鼻をかんだ後のケアです。
何回も鼻をかんでいると、鼻周りが痛くなってくるので、ちょっとつけてみました。 
良い感じですが、手を洗わないと、べたついてPCは触れませんね。

続き


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

こんにゃく芋にはセラミドが多く含まれている!? [美肌]

こんにゃく芋にはセラミドが多く含まれているそうです。

セラミドは、肌の角質層をつくる細胞に含まれていて、皮膚の保湿、柔軟性を維持する働きがあるので、化粧品の使われていることが多いです。

きめが整った肌は、光が当たると、つやがあって綺麗に見えるそうです。
そのために、若く見えるのです。

こんにゃく芋の産地で暮らす女性の肌がきれいだということをTVで見てから、積極的に食べるようになりました。

こんにゃくと言っても、よく成分をみると、「こんにゃく芋」のものもあれば、「こんにゃく粉」のものがあります。
よく見ると、「こんにゃく粉」の方が多く売られていて、安いです。

こんにゃく芋だけのものを探すと、スーパーでは1種類くらいしか見つけられません。

「こんにゃく粉」でもよいのですが、「こんにゃく芋」の方がよりセラミドが多く含まれるそうなので、買う時には、袋の裏をひっくり返しては、確認して買っています。笑い

こんにゃくの栽培が一番盛んな群馬県産でも、こんにゃく粉を使ったこんにゃくを多くみます。
こんにゃく芋からこんにゃくを作るのは、手間がかかって、金額もあがるからでしょうかね。

こんにゃく芋は、里芋科なので里芋を大きくしたような外見で(実物は見たことがありません)、育つまでに3年くらいかかるようです。

こんにゃくがこんにゃく芋から出来ていることも、気にしていませんでした。

こんにゃくは、低カロリーで糖質が少なくて、満腹感が得られるので、ダイエットにも使ったりしますね。

こんにゃくは砂を出すとも言われるように、デトックス効果も期待できます。

料理の脇役であることが多いこんにゃくですが、煮たり、炒めたり、お味噌汁に入れたりして、積極的に取り入れています。

食べ始めて3か月以上になるので、そろそろ効果が出てもよいのでは?と期待しています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。