UA-44044543-1
So-net無料ブログ作成

所さんの目がテン!若く見える人の秘訣に学んだこと [美肌]

7月10日(日)の所さんの目がテン!で、若く見える人の秘訣が紹介されました。

登場した方は、30代~50代とさまざまですが、皆さん若く見える努力をしていますね、とつくづく思いました。

若く見える人は、もともと美人でスタイルが良い人が多いと思うのです。

体形は努力である程度変えられますが、顔は生まれつきのものなので、もともと綺麗な人はよいですね。

テレビに出て綺麗な人というのは、実物はもっと綺麗なのではと思いますし、本当に美人なのだと思います。

その上に、努力するので、ずっとその美しさをキープしているのでしょうね。



登場した中で、一番参考になった例が、洗顔方法です。

実年齢50歳ですが、肌年齢は34歳という素晴らしいお肌の持ち主です。

その方が実践している洗顔は、氷水洗顔です。



洗顔方法は、最初に42度のお湯で絞ったタオルを顔全体にあてます。その前にクリームをつけていました。

タオル湿布の次には、氷の入った水でジャブジャブと洗顔します。

この温度差がよいそうですよ。


この温度は、ヒートショックプロテインというものの増殖温度なのだそうです。

ヒートショックプロテインとは、傷ついた細胞を修復するタンパク質のことです。

ヒートショックプロテインは、あらゆるストレスや刺激から肌を守ってくれる役割があるそうです。

よって、紫外線による皮膚のダメージを修復するので、コラーゲンの修復やメラニンの過剰分泌を抑えて、シミ・シワを防ぐのです。

肌が健康だと光が入って、明るく見えるのです。


登場した方の肌年齢が若いのは、この洗顔方法を継続しているからで、ヒートショックプロテインが増加しているからみたいです。


早速明日の朝からやってみようと思いました。

ライスフォーストライアルキットを使って [スキンケア]

お米由来のスキンケア、ライスフォーストライアルキットを使ってみました。

古くから日本人に親しみのあるお米は、栄養だけでなく、美容にも効果があるのではないでしょうか。

ライスフォースは、株アイムという会社が販売しています。

あまり馴染みがない名前ですが、もともとは「アトピライトクリーム」というドライスキン用の薬用クリームを作っていたのです。

そのクリームは現在もあります。

ライスフォースは「ライスパワーNO11エキス」が使われているのですが、もともとはそのアトピライトクリームに使われていたもので、乾燥肌に悩むたくさんの人に支持されて、化粧品に生かそうと思ったのがきっかけだそうです。


ライスパワーNO11エキスは、お米、麹・酵母・乳酸菌等を組み合わせて発酵させたエキスです。

肌への浸透力がよく、保湿効果が期待されるもので、エイジングケアにはぴったりだと思ったのです。


トライアルキットに入っているものは、10日間分なのですが、特にローションがよいと思いました。

しっとり、さっぱり、そして良い香り。

たまには違った化粧品も使ってみたいと思っていたので、普段つけないようなエッセンスまでつけて、気分がよいです。

キットは、ローション、エッセンス、ホワイトニングエッセンス、クリーム、UVミルク、モイスチュアクリーム、が入っています。

2016kome.gif

UVプロテクトがミルクタイプなので、さっぱりしています。

朝と夜なら、夜の方が水分保持に効果があるそうなので、朝は昼間汗をかくことも考えて少な目に、そしてその分夜は多めに使っています。


ところで、50代以上のお肌の悩みランキングは、1位がシミ、2位が乾燥、3位がしわ、だそうです。

私の場合、最初に現れたのが乾燥、そしてしわ、最近は隠れていたシミが浮き上がってきた感じです。

シミの原因は日焼けと乾燥と、顔をこすることです。

若い時は顔をこすってもシミになることはないのでしょうけれど、年齢肌では、こするのは禁物です。

こすらないようにするだけでも、シミが増えるのを抑制できるとどこかで聞きました。



お肌は28日でターンオーバーを繰り返すので、せめて一カ月くらいは使い続けないとなりません。

年齢を重ねると、そのターンオーバーの周期も遅くなるそうですね。

ということは、より時間をかけたスキンケアが必要になるということなのですよね。


乱れた角質を整えて、健康的な肌になるには、保湿が大切です。

保湿効果がある化粧品はたくさんありますが、ライスフォースはかなり良いものだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。