UA-44044543-1
So-net無料ブログ作成

冷え対策のひとつ 布団の中での寝起きの伸びと足首運動 [健康]

スポンサーリンク




先日テレビを見ていて、初めてみる午前中の番組だったのですが、よいことを言っていたので、実践しています。

通販番組かもしれません。


体温がもっとも低くなるのは、午前4時なのだそうです。

そして、だんだん上がってくるのですが、寝起きの体温が低いと、起きてからやる気がでなかったり、体調がよくならないので、布団から出る前にやるとよいことがあります。

それは、伸びです。

両手両足を思いっきり伸ばして、脱力する。

これだけで、暖かくなるそうですよ。

この動きは、自然とやっているのですが、さらに意識してやるようになりました。


それからもう1つ、足首を内側と外側にひねる運動です。

布団の中に寝た状態で、少し足を開いて、足首から外側へ向けたり、内側に向けるだけです。

この動きは、足だけが動くのではなく、実は、骨盤が動いているのです。

やりながら、足の付け根に手を当てると、動いているのがわかります。


これらの動きを、布団から出る前にやるとよいそうですよ。

簡単なので、少しでも取り入れてみることにしました。


全身を使っての伸びは、気持ちがよいです。

そして、足首を動かす事は、骨盤を開いたり閉じたりする動きなので、骨盤によいと思います。


これから寒くなって、布団から出るのが嫌になりますが、この運動が起きるきっかけになりますね。


それと同時に紹介されたのが、千年灸の太陽という、火をつけないお灸です。

カプセルのようになっていて、手軽に使えそうでした。

よさそうだったので、早速注文してみました。

まだ届かないので、体験したら、また感想をお知らせします。


寒くなるので、冷え対策は、必須です。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。