UA-44044543-1
So-net無料ブログ作成

洗顔料おすすめは固形石鹸 [スキンケア]

スポンサーリンク




メイク落としをした後に、落としきれなかった汗や皮脂を落とすには、洗顔をしますね。

洗顔料はどんなものがよいのか考えてみると、やはり固形石鹸が一番刺激が少ないようです。

洗顔後にしっとり感が残るのは、洗顔料が油分を多く含んでいるから。

洗顔しても肌の表面に油膜が張ったようになるので、しっとりしたように感じますが、洗顔後につける化粧水が浸透しにくくなる場合があるそうなのです。

洗顔でしっかり汚れをおとして、次の化粧水や乳液のケアで、潤いを補った方がよいとか。

洗顔料選びのポイントは、洗浄力が肌にあっている事、余分な成分を含ます、汚れをしっかりとってくれるもの、が目安です。

シンプルな固形石鹸で洗顔すると、洗い上がりはつっぱり感がありますが、これは油分が含まれていない証拠なのです。

つっぱるのが嫌で、あまり使っていませんでしたが、つっぱらない固形石鹸をみつけたので、最近はそれを使っています。

今までに、白濁石鹸のパラオソや、アレッポやマルセイユのオリーブ石鹸、ノブソープ、マヌカはちみつのマヌカソープなどを使いましたが、今は、黄酸汁(サジージュース)の石鹸です。

この中では、ノブソープも肌の刺激が少なくて、とても良かったです。皮膚科で購入したくらいなので、信頼できると思います。

今使っている石鹸も、肌に刺激がなく、洗い上がりはつっぱらず、ちょうどよい感じなのです。色もキレイだし、小さくなっても最後まで使えるので、気に入っています。


2014-02-16-15.38.19.gif


自分にはあっているようなので、しばらくは使い続けようと思います。


よく、プッシュ式で泡が出てくるタイプがあって、泡立てる時間が短縮されてよいな、と思っていたのですが、発泡剤(界面活性剤)を含むものが多いのだそうです。


タイプ別に調べた結果が下の通りですが、あくまでも目安です。

肌の強い人はどんな洗顔料でも大丈夫でしょうけれど、私は、年々肌が乾燥して敏感肌になっているので、石鹸選びは慎重になってきました。


・固形石鹸
油分が多すぎず、余分な成分も含まれていないものが多い。


・リキッド・クリーム
「肌にやさしい」イメージで作られているので、油分が多めもものがある。

・フォーム
ニキビ用をうたっているものなどは、洗浄力が強め。初めから泡になって出てくるものは発泡剤を含むため、刺激になることが多い。

・パウダー
洗浄力や肌への刺激は、製品によってばらばら。酵素洗顔料には、洗浄力が強めのものもある。

・泡立たないミルク
洗浄力が弱い。肌が特に敏感な人向き



私は、固形石鹸を使って、泡立てネットを使うようにしています。

泡立てネットはあまり好きではなかったのですが、手で泡立てるよりずっと早く、たくさん泡立てられるとわかったでの、そうすることにしました。


そして、洗顔する時には、ごしごしこすらない方がよいですね。

つい、汚れが落ちるようにと、ごしごしこすってしまうのですが、刺激になるだけでよくないようです。

そのためには、十分に石鹸を泡立てて、泡で洗うことなのですが、泡が多いほどよい、というものでもないそうです。

泡の量も目安は、手の平にたまご一個分程度。

手と顔の間に、泡のクッションができればよいのだそうです。

それ以上泡立てても、美肌効果があるわけではなく、顔を濡らしたまま、泡立てに時間をかけると、顔が乾燥してしまうとか。

手早く洗い流して、肌が「キュッ」となるのが洗えている目安だそうです。

「洗顔は泡が命」というのは違うみたいです。


今まで思い違えていた事がふたつあって、泡の量と洗う時間です。

手のひらに山盛りの泡を作って、逆さにしても落ちなかったりするほどの泡は必要ないのだとわかりました。

そして、いつまでも顔をこすっていないで、さっとぬるま湯で洗い流した方がよい、ということもわかりました。

小鼻などに油分が残っている時には、部分的に泡をつけて、洗いなおすとよいです。


小鼻のまわりの毛穴の汚れが気になって、ごしごし洗っていましたが、やめた方がよいみたい。

今まで、フェイスブラシで洗っていたので、とんでもない事をしていたのだな、と思います。

でも、フェイスブラシで洗うと、顔がつるつるするのは本当なのです。

一時的につるつるになるだけで、本当はダメージを受けているのでしょうね。

グッパイブラシ!です。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。