UA-44044543-1
So-net無料ブログ作成

クレンジングは洗い流すクリームタイプが肌への刺激が弱い [スキンケア]

スポンサーリンク




最近のファンデーションは、汗や水に強くて、ふつうの洗顔だけでは落ちにくいです。

そのため、洗顔の前にクレンジングが必要ですネ。

そのクレンジングですが、何が良いのか、いろいろなクレンジングを使ってきましたが、一番良いのは、クレンジングクリームだと知りました。

クレンジングの主な成分は油分と界面活性剤です。

油分でメイクを肌から浮き上がらせて、界面活性剤は浮き上がった汚れをとる際に、油分と水分を馴染ませる役割をするそうです。

界面活性剤と聞くと、イメージが悪いですが、それを使わないと、油と水は混ざらないので、たくさんの物に使われています。

クレンジングにはさまざまなタイプがありますが、物によってはメイクを落とす力や肌への刺激があるものもあり、敏感肌には使わない方がよい物もあるようです。

私は敏感肌な上に、エイジング肌なので、少しでも負担は避けたくて、どんな物がよいかな、と調べていくうちに、肌に負担をかけない洗い流せるクリームタイプがよいのでは、と思うようになりました。


それから、間違って思い込んでいたのですが、、クレンジングで毛穴の汚れがとれるというのは、違うみたいです。

クレンジングで肌の表面をこすっても、毛穴は穴なので、奥の汚れはとれないそうです。

それどころか、こすると肌が乾燥してしまうので、要注意。



タイプ別に見ると以下の通りとなります。

・シート型
油分をあまり含まず、界面活性剤の力でメイクを落とすので、肌への刺激が強い。

・リキッド、オイル
強い界面活性剤を含むものが多く、毎日使うと肌がダメージを受けることも。さらっとしているので、肌を強くこすってしまうことが多い。

・ミルク
水分が多いので、メイク料となじみやすい。

・ジェル
乳化した白っぽいジェルの方が肌への刺激が少ない。

・クリーム
油分の量が適度でバランスがよいものが多い。ふきとり式は刺激になるので、洗い流すタイプがよい。


実際には製品によってばらつきがありますが、目安にするとよいです。


普段何気なく使っているクレンジングですが、クレンジング選びこそ、重要なことだと思うようになりました。



そして、クレンジングで肌を痛めないためには、手早くクレンジング料を馴染ませて、手早くすすぎくことなのです。

全部で1分くらいで、終わらせるのが理想とか。

クレンジング料をつけたら、いつまでもこすらない方がよいのですね。

なんとなく、マッサージもしていましたが、間違っていたようです。


そして、クレンジング料は節約せずに、適量を使います。

少なすぎると、肌が摩擦してしまうのです。


つけ方は、比較的肌が強い、Tゾーンからなじませて、Uゾーン、目元、口元へ伸ばします。

ぬるま湯で手早くすすぎをしておいまい。

続けて洗顔をするので、この段階で6割程度落ちていれば十分なのだそうです。

だから、1分でよいみたいですョ。


私、お風呂に入ってから、落としていました。

ゆっくりマッサージまでしていました。それでは、くすみがとれるところか、黒ずんでくることもあるそうです。

やっている事が違っていたんだ!と大ショック!


さっそく今日から、正しいクレンジングをせねば!

手持ちのクレンジングは、ふきとりタイプなのです。

ふき取りタイプを洗い流しては、だめなのかな。6割落ちればよいのなら、洗い流してもよいと思うのですが。

どうなのでしょ。

手持ちがなくなったら、ちふれ化粧品のウォッシャブルコールドクリームを買おうと思います。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。